スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式に立てたスレの結果 不具合情報part1

公式に立てた例のスレが10日くらい経ったので、分かるだけの情報をまとめて送ってきました。
イリュクナカ様が、テキストファイルで送ってくれたらいいような事言ってたので、作って送りました。
そして、以下が送ったテキストファイルの中身です。
バグ多いな・・・


・ヘイトバグ
PTメンバの誰かがヘイトを与えているMOBに対して、大体1~2分程ヘイトを全く与えず、その後攻撃等を始めた際にヘイトにバグが発生し、後衛等がターゲットにされることがある。
100%発生ではないが、一度発生すると、キャラクター選択画面への移動(以下 「cc」と略記)をして完全にヘイトを消すまで敵モンスター(以下「MOB」と略記)の攻撃対象が変わらない。クロークオブシャドー・ディストーションオブレイジ(アサシンスキル)を使用しても直らない。

・死体バグ(又は同時バグ)
MOBに対してヘイトを与えているクリーチャーを、攻撃やスキルの最中にリコールクリーチャースキルによって送還した場合に発生することがある。
発生すると、対象のMOBのHPが0になっても倒れなかったり、HP0のまま攻撃をし続けてくることがある。数秒後に倒れてドロップアイテムが発生することもあるが、発生すると高確率でドロップアイテムが見えなくなる。アイテムをドロップした音は聞こえるため、ccにより画面を再描画するとアイテムが見え、拾うことが可能になる。クレリックや闘士を含む全クラスのキャラクターにおいて発生する可能がある。

オーバーキル・過剰なヒール等によりヘイトを与えすぎた場合、クリーチャーのリコールが無くても死体バグが発生する場合がある。

Epic6-3でMOBが中毒・恐怖・石化等のデバフスキルを使用してくるが、そのスキルの詠唱中に倒した場合、死体バグが発生することがある。足止めスキルを使用し遠距離で倒す、倒す少し前にスタンや恐怖のデバフを入れてスキルを使用させない等で対処可能。

キャラクター・クリーチャー問わず、MOBを倒す直前にそのMOBに対して攻撃スキルの詠唱を行っていたキャラクターが存在すると発生する場合がある。
詠唱中だけでなく、発動時間の長いスキルを使用している最中に倒した場合にも発生することがある。

・Fキーバグ
OSにWindowsXPを使用しているPCにおいて、Windowsにデフォルトで含まれるctfmon.exeというプロセスがラペルズ(SFrame.exe)に干渉し、一時的にショートカットのスキルやアイテムの使用が不可能になる場合がある。発生すると、F1やF2キーを押した際に、Tabキーを押したのと同様に選択対象が変更され、そのキーのショートカットに登録していたスキル等は発動しない。クリックによって、画面内のショートカットから選択した場合には、スキル等を発動可能。
msconfig等でスタートアップから削除しても自動起動されるプロセスで、コントロールパネルから完全に削除した場合は音声・言語等で不都合が生じることになる。ラペ起動時にタスクマネージャーから停止させるのが、弊害もなく安全。

・ペット停止
PT内の複数人でペットを使用し、1つのアイテムを複数のペットが同時に拾いに行った際に行動が止まることがある。一度止まるとアイテムコレクトを切っても変化が無いので、再召喚するか、PT内のペットを1体のみにする。
ペット同士でなくとも、ペットが拾いにいったアイテムをキャラクターが拾ってしまった際にも、発生する可能性がある。

・オートスキル時の暴走
クリーチャーのスキルをオート設定している状態で、Tabキーによりターゲットの変更を繰り返すと、その繰り返しの最中で選択したMOBの1体に向かって召還中のクリーチャーがスキルを発動してしまうことがある。

・クリーチャー・ペットに行動不能の座標がある。
クリーチャーの場合は、攻撃・スキル使用等で移動した際、移動が終わった時点の座標によって行動が停止する。Shift+クリックやクリチャーフォローで少しでも移動させると再度行動が可能になる。
ペットの場合、アイテムを拾った場所の座標によってはその後の行動が止まる。また、山や建物等侵入不可能エリアのアイテムに反応して動いてしまった場合、通常エリアから進入不可能エリアに入る直前の時点で行動が止まる場合がある。進入不可エリアに入る直前で止まっていた場合は、召還者が移動することでペットも付いてくるが、進入不可エリアに入っていた場合には、解除に再召喚が必要となる。

・同時召還時のスキルCTの共有
クリーチャー同時召還時のスキルのCT共有はEpic6-3にてほぼ解除されたが、創造:~ポーションスキルのみCTを共有している。

・テクスチャバグ
Rappelzのオプション・グラボの設定で画質を変更させると、テクスチャのバグが発生する場合が有る。
キャラクターの体の一部が見えなくなる、建造物・地形等が透明になる、地面が灰色や水色になる、NPCが見えなくなる、等が起きている。
※Ep7からは、マップの凹凸が全てなくなり、赤い線が入った碁盤目状に表示されることがある
人物は普通に見える
凹凸・建物等は見えないだけで存在しており、適当に歩いているとぶつかって停止する
ccやクライアント再起動で直る

・チップ・スキル・消費アイテム不発動
ブーストチップ・スキル・消費アイテムを使用時に、効果が発生しない場合がある。
この場合、CTが開始されたりアイテム消費はあるが、効果やエフェクトの発生がなく、MPやアイテムは消費される。スキル等の発動と同時に別のスキルの発動、消費アイテムのショートカットを押した後効果が発生する直前に別のスキルを使用したりすると発生し易い。

・持続効果表示時間の不具合
ブーストチップ等において、効果が残り5秒以上ある時点でアイコンやエフェクトが消える、逆に残り2秒程度しか残っていないはずなのに8秒くらいと表示されたりするようなバグが起きることがある。持続効果の適用されている時間は通常通りであり、このバグが発生しても変化しているのは対象のMOBを選択した際に表示されるデバフのアイコンだけである。

・ムーンウォーク
MOBを倒しきる直前(スキル使用中)に次のMOBをターゲットしてチップやスキルの使用をすると、そのMOBに隣接する距離まで勝手に走り、その後でスキル等を使用することがある。
このバグによる移動が一度始まると、移動が終わるまで他の行動は一切できない。

・ウィンドウ配置リセット
ccの度に、PTウィンドウ・クリーチャー情報・インベントリ等のウィンドウの位置がリセットされる。
ゲーム終了の場合は保存されるが、cc→ログアウトではリセットされている。

・キャラクターの転職後、スキルを振ろうとすると1次職・2次職のタブが画面外の見えない位置に現れる。

・霊魂力の表示
倉庫に入っている装備、取引を行っている最中の装備等で霊魂力が正しく表示されず、全て0%の表示となる。実際に充填されている霊魂力に変化はなく、表示だけの不具合である。

・特定のスキル・組み合わせによりフリーズ
ガトリングダガー・シャドーラッシュ・シールドチャージの使用後、効果が発動せず数秒間フリーズしたり、使用者が行動不能に陥りccをしない限り行動出来なくなる場合がある。

・上位装備等のオプションの数値適用について
ソウルストーン・上位装備品のオプション数値の適用率について、小数点以下の数値は切り捨てによる加算であり、キャラクター情報画面において表示に適用されていないだけでなく、数値自体の適用がなされていない。
力・知力等のソウルストーンをクリーチャーに装備させた際のステータスの上昇量については小数点以下の適用があるため、これは仕様ではなく、不具合ではないか?

※Ep7において、小数点以下を含めて全て加算してから、最後に切り捨て表示される仕様に変更

・クライアントの使用メモリの異常増加
Epic6-3以降、ゲーム内のオプション設定においてテクスチャ品質・背景表示距離のオプションのクオリティを上げたままゲームプレイを行うと、メモリ使用量が異常に増える場合がある。
正常時に比べ、20%程度から最大で50%程の使用量の増加が見られた。

・R4以上の装備品、R5以上のアクセサリにおいて、装備時に別の装備のグラフィックが表示されている物がある。


2010/09/08
一部訂正
スポンサーサイト

テーマ : 無料オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

非公開コメント
Rappelz Wiki


プロフィール
棲息地:Rappelz カーバンクルサーバ
メインキャラ:黒白の天風
クラス:ギルガメッシュ
ギルド:Angel and Devil

リンクはご自由にどうぞ
でも、ご一報頂けると喜びます
最新コメント

openclose

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
PageNavigation 2.0
リンク
検索フォーム
オンライン
訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。